海外旅行は1人派

暇すぎて食べ続けてしまうので、それを止めるためにパソコンに向かうという算段です。海外旅行の思い出を忘れないために&これから行く人のお役に立てればということで。

漫画ですら読まないくらい本嫌いだけど本屋に泊まってみた

東京生まれ東京育ちなので、東京のホテルに泊まることはお金の無駄だと思っていました。
けれど旅行だ留学だとウェイウェイしている同期や後輩をFacebookで目撃する度に湧き上がる旅行欲。
この欲望を何とかしようと都内ホテルに泊まることを決意したわけです?

週末旅とかもいいかと思ったのですが、それは疲れそうだし、リア充OLぶってるぽかったんで…(偏見)

どうせ泊まるならただの部屋じゃなくて、面白い宿に泊まりたい!とリサーチして行き着いたのが「泊まれる本屋さん」!!

よく考えると私は本とは縁遠くなっていて、無駄にしそうだなあ。
中高で読んだのは国語の教科書だけだし…
思春期は圧倒的ハガレンオタクと化していた黒歴史を有するものの、いまじゃ漫画すら読まないし…
新聞も取ってないし…
けど行ってみたら何か変わるかもしれない!というわけで、行ってみました。

次の日の準備も入れて、いざ池袋へ。
中国人団体に紛れてみる…旅行客っぽいね?

ビルは分かったものの、入り口が分からない…
さまようこと&ググること20分、ようやくレストランの脇から入るとエレベーターがあることが分かる。

写真もあまり撮ってないし、そろそろ書くのが面倒になってきたので施設の概要について書くのは避けます??
とりあえずこんな感じ↓
私の部屋は上。
f:id:oco233:20160405200124j:image

ソファがゆったり。家に欲しい〜!
f:id:oco233:20160405200157j:image

部屋の中はいたってシンプル。
f:id:oco233:20160405200232j:image

スタッフさんたちはみなさん声をかけてくれたり、荷物持ち上げてくれたりとても優しくて気遣いのできる素敵な人たちでした✨
本は総数こそ少ないものの、漫画、小説、写真集、、、と幅広くて一晩では読みたいもの全然読み切れませんでした!
中でも印象的だったのが、世界の家族の写真集。小物から家具まで持ち物ぜーんぶ家の外に出してもらうやつなんだけど、その一部が昔社会の教科書に載ってたんだよね?他に覚えてる人いないかなあ。私はその写真が大好きで、授業中もめっちゃ見てた笑
それが資料集の何倍もの国数収録されてるものたから、テンションだだ上がり。ロシアの家族の切ないエピソードとか、他の国に比べて圧倒的に物が多いし細かい日本とか、興味深かったです。

ショートスリーパーかつ不眠症みたいな、睡眠に関してはうつ病患者かってくらい最悪なコンディションの私なので、ぐっすり眠るまではできなかったけれど、なかなか幸福な「寝る前の時間」を過ごせました。。

もう1回くらい行きたい。